\新規会員登録で200ポイントプレゼント/


店長日記

勇者部うどん!?

1月21日(土)、22日(日)の二日間、観音寺市が主催となり、東京丸の内のKITTE地下一階パフォーマンスゾーンで、かんおんじフェアin東京が開催されました。


当社も、特産品販売事業者として、フェアに参加し、うどんの販売を行いました。


当社がこのフェアに参加するのは、4月の大阪のフェア以来2回目です。


このフェアに合わせて、「結城優奈は勇者である」というアニメとコラボレーションした商品を製作しました。


初めて「結城優奈は勇者である」というアニメを聞く方もいらっしゃると思いますが、私も1ヶ月前まではそうでした。


「結城優奈は勇者である」は、2014年にMBSなどで放送されたアニメ番組で、ファンの間では「ゆゆゆ」と呼ばれています。


この作品の舞台のモデルになったのが観音寺市で、駅前や橋、工場などが緻密に描写されており、アニメ終了後も「聖地巡礼」としてモデルになった場所を訪れるファンが多いそうです。


こうしたファンを歓迎しようと、観音寺市がアニメで地域活性化プロジェクト会議、通称「ゆゆゆプロジェクト」を発足させ、様々なコラボ企画を実施しています。


その一環として、弊社もコラボうどん商品を作ることになったのですが、当初はアニメの存在もまったく知らず、放送されていたことももちろん、観音寺が聖地となっていることも知りませんでした。


その状態から、商品つくりを開始し、DVDを観たり、インターネットなどで情報を仕入れたりしながら1ヶ月ほどで商品を完成させました。


「ゆゆゆ」では、主人公を含め仲間たち全員が「うどん好き」だそうで、商品開発する際、パッケージももちろん重視しましたが、製造者としては、【うどんを食べてもらう】ことを意識しました。


そのため、作品中にも出てくる「肉ぶっかけうどん」のレシピをカード型にして入れています。


東京のフェアの後、ツイッタ―などで、レシピ通りに作った「肉ぶっかけうどん」の画像をアップしていただくファンの方もいて、製造者として大変うれしく思っています。


勇者部うどんは、市からの依頼もあり、観音寺限定商品としており、ネットショップや電話注文では販売しておりません。


販売箇所は、「手打ちうどんつるや」さんと、「観音寺総合コミュニティーセンター」です。


2月4日には、公式イベントが観音寺市で開催される予定で、ご興味がある方はぜひ観音寺に足をお運びください。

【瀬戸内国際芸術祭】観音寺港でのうどん接待

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期が盛り上がりを見せています。

香川では連日ニュースになり、来場者も過去最高を記録しているそうです。

当社地元観音寺市でも、『伊吹島』が会場の一つになり、多くの観光客が観音寺港から船で島に渡っていきます。

そんな観光客の方に喜んでいただき、芸術祭を盛り上げよう!という目的のもと、10月30日に一日だけですが、観音寺港にて、当社のテントを張り、うどんの接待およびお土産販売を実施しました。

瀬戸内国際芸術祭 


大きな釜でうどんをゆがき、伊吹島特産の『いりこ』を使った特製うどんつゆをかけて、来場者に振る舞いました。

当日は、気温も低かったこともあり、温かいうどんは来場者にとても喜んでいただけました!

普段、我々社員は、お客様が当社のうどんを食べている様子を見ることはほとんどありませんので、社員にとってもよい機会になりました!!

地元観音寺の秋祭り

今日10月14日から3日間、当社がある観音寺で秋祭り「琴弾八幡宮大祭」が開催されます。

観音寺の秋祭りでは、『ちょうさ』と呼ばれる太鼓台が町を練り歩き、神社に奉納します。

太鼓台と聞いてピンとこないかもしれませんが、山車の一種で、特に観音寺の太鼓台は大きく、重量3tくらいあると言われています。

今日は当社の営業日ですが、太鼓台が何台も前を通り過ぎていきました。

下記写真は、当社とちょうさの写真です。





明日・明後日の午後は、琴弾八幡宮に9台のちょうさが集まります。見物客もたくさん集まり、一年で一番といってよいほど盛り上がります。

見たことがない方は、ぜひ一度この機会に観音寺にお越しください。

ちなみに、私も明日はこのちょうさに付く予定です(*^。^*)

  • 2016.11.02
  • 16:50

そうめんの日

本日7月7日は七夕の日ですが、実は「そうめんの日」でもあることをご存知でしょうか?



平安期に健康を祈るため七夕に『そうめん』を食べたと記録があることから、全国乾麺協同組合連合会(弊社も加入しています)が定めたものです。



確かに、暑い日が続いていますし、のど越しさわやかなそうめんを、さっと食べたくなりますね。



私たち紀州屋には、社員食堂があり、うどん・そうめんが食べ放題なのですが、夏の時期にはやっぱりそうめんが人気です。



中には、うどつゆの中にうどんとそうめんを両方入れて豪快に食べる社員もいます。太さが異なる麺が口の中で一緒になって、意外とおいしいそうです(笑)



今日も暑いですし、私もお昼には、そうめんを食べようと日記を書きながら思っています☆



みなさまもぜひ七夕の日の今日、そうめんを召し上がってみてください♪

紀州屋という名前

当社のネットショップを始めて見られる方の多くが、紀州屋って和歌山にあるの?と思われるかと思います。


紀州=和歌山ですから当然ですよね(^_^;)


ですが、当社は明治44年創業以来、香川県観音寺市にて営業をしております。


観音寺市という場所も聞きなれない方が多いかと思いますが、香川県の一番西にある市で、すぐ隣が愛媛県四国中央市です。


銭形の砂絵という観光名所があり、一度見た人はお金に困らないと言われています。


先日のゴールデンウィークも観光客で大変賑わっていました。


本題に戻りますが、当社の名称が「紀州屋」なのは、実は社員誰もはっきりとは知りません(笑)


過去和歌山と繋がりがあったのかなぁといるレベルです^^;

ちなみに和歌山県で当社のうどんは販売しておりません。


むしろ、観音寺市以外で当社のうどんはほとんど販売されておりません。


当社は、創業以来100余年、観音寺でひっそりと営業してきました(^.^)


市外だと知名度はぐんと落ちますが、うどん通の香川県人に認めてもらうため、味や食感にはかなりこだわっており、自信を持っています!


ネットショップを開設したのは、県外の方々に、当社のうどんを知ってもらうためです。


香川県の紀州屋のうどん、ぜひ一度お試しください!!

お待たせしました

本日よりネットショップがリニューアルオープンいたしました。

オープン記念として、4月中はWEBスペシャルセールを実施いたします。

過去弊社の商品を購入されたことがある方も、そうでない方もこの機会にぜひ一度お試しください。

  • 2016.04.01
  • 17:21

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

紀州屋ネットショップ
【営業時間】
ご注文受付:24時間受付中
お問合応対:平日(月~金)、指定の土曜日
受付時間:9:00~17:00

ページトップへ